26

アートと食が出会うとき

アーティゾン美術館ミュージアムカフェで「創造の体感」を

日時:

20220216 (水) 18:30~20:00

登壇者:

ジェイ.クレス株式会社 代表取締役 上野 仁史 氏 アーティゾン美術館 広報課長代理 松浦 彩 氏

登壇者プロフィール

2020年1月、「創造の体感」をコンセプトに、東京・京橋の地に新しく開館したアーティゾン美術館。1階に併設されたミュージアムカフェは、デザインにこだわった内装、おいしく目にも美しい、独創的なお料理やデザートが評判です。このたびは、宇都宮に大谷石の蔵を再活用した和食店「石の蔵」を営み、アーティゾン美術館ミュージアムカフェの企画・運営を手がけられている上野仁史さんをお迎えし、アートと食をテーマにお話しいただきます。コンセプトをかたちにする上のエピソード、シェフとの出会い、場づくりのこだわり、また世界的な食のトレンドについても織り交ぜながら、私たちの暮らしをゆたかにするアートと食について、楽しみながら考える場といたします。

日時:

20220216 (水) 18:30~20:00

会場:

オンライン

参加料:

無料

申込方法:

1月19日より申込を受け付け予定です。

※今後の状況により、延期・中止をさせて頂く場合もございますので、あらかじめご承知置きください。

登壇者プロフィール

登 壇 者

    image

    ジェイ.クレス株式会社 代表取締役 上野 仁史 氏

    1964年宇都宮生まれ。大学卒業後、西武百貨店に入社し文化事業や営業企画に携わる。10年の勤務の後、家業(食品卸売業、不動産業他)に就き、かつて食品倉庫として使われていた大谷石の蔵の再活用に着目し、2001年に「石の蔵」(和食店)を宇都宮に開業。その後、同店にカフェやセレクトショップをオープン。クラシックやジャズの演奏会も催し、地域の文化情報発信拠点を標榜している。またアーティゾン美術館のミュージアム・カフェの企画、運営に従事している。

    image

    アーティゾン美術館 広報課長代理 松浦 彩 氏

    1971年東京生まれ。大学卒業後、品川の原美術館に勤務し、海外巡回展業務などに携わる。1997年より同館広報。多くの現代美術展、群馬県の別館ハラ ミュージアム アーク(現・原美術館アーク)リニューアル広報などを手がける。また、上映会、コンテンポラリーダンス公演やコンサートなどのミュージアムイベントを企画、ジャンルを超えた同時代の芸術の活性化を目指す。2018年11月より公益財団法人石橋財団に勤務、アーティゾン美術館広報担当。

TOP